インプラント治療

歯が抜け落ちた後に植える第2の永久歯

第2の永久歯根管の中の神経が死んでしまうと、十分な血液が歯に行き渡らなくなり、歯が死んでしまいます。
そうなると、歯はぐらぐらして、最終的には抜け落ちてしまいます。

人間の歯は、一度抜け落ちたら、もう生えてはきません。
ですから、歯が抜け落ちてしまわないように、日頃からケアが必要なのです。

しかし、歯科医療が進んだ昨今では、歯が抜け落ちた後に、人口の歯根(歯の根っこ)を埋めこみ、その上に歯をかぶせる治療ができるようになりました。
それが、インプラント治療です。

インプラントとは「implant=植え付ける」という意味です。
人口歯根療法とも言われ、失った歯の根っこの代わりに、チタン性の人工歯根を植え込みます。

この人口の歯根を埋め込むためには、外科手術が必要になります。
また、顎の骨が薄い人などは、インプラントを埋め込む事ができない場合もあります。

インプラントの流れ

【STEP1】 精査・カウンセリング

精査・カウンセリング歯が抜け落ちた部分や、周りの歯の健康状態、骨の厚みなどを丁寧に精査。
レントゲン検査、CT検査、病歴などを細かくチェックし、お口の中を調べ、どんなインプラント手術が適切であるかを診断します。

【STEP2】 費用の算出

費用の算出インプラント手術は安全が保証された材質で、確かな技術をもって治療を行う事が大切です。
どんな材質で、どれくらいの手術が必要で、どれくらいの費用がかかるのかをご説明します。
この段階で、ご予算に見合わない場合は、別の選択肢を選ぶ事も可能です。大事な所ですので、きちんと分かるまでご説明します。

【STEP3】 インプラント埋入

インプラント埋入安全な麻酔下の元でインプラントの埋入を行います。手術自体はあっという間に終わりますので、
麻酔が覚めれば、お帰りいただけます。痛みについては、術後、痛み止めを処方いたしますので、そちらでコントロールできます。

【STEP4】 治癒期間

治癒期間インプラント埋入後は、骨とインプラント本体が一体になるまでじっくり待ちます。
その間は、仮歯を入れて普段通り食事をしていだきます。定期的に診察に通ってきていただきます。

【STEP5】 アバットメント連結

アバットメント連結インプラントが完全に骨と結合したら、アバットメントを連結します。
この状態で1~6週間待ちます。

【STEP6】 かぶせもの装着

かぶせもの装着歯肉が盛り上がったら義歯を作ります。
装着し完了です。

顕微鏡を使ったインプラント治療

顕微鏡の重要度は、抜歯の段階から違います。
神経が死んでしまった歯を抜歯するときは、確実に抜歯する必要があります。
しっかり抜歯したと思っても、歯の根っこのかけらが、少し残っている場合もあります。
顕微鏡で拡大して抜歯することにより、確実に安全に抜歯ができるのです。

また、インプラントを埋入する時の外科手術にも顕微鏡を使います。

顕微鏡で拡大しながら、インプラントを埋入することで、確実な処置が可能になります。

これからは、インプラント治療も、顕微鏡が当たり前の時代になっていくと考えられます。